MENU

頭頂部はげの薄毛と喫煙の関係

最近頭皮のボリュームがなくなってきた、あるいは以前から抜け毛がひどくて頭頂部が寂しくなりつつあるという人中で喫煙習慣がある人は

タバコを吸っていることでこの先さらに進行することが考えられますので、禁煙をすることをおすすめします

 

頭頂部はげ タバコ

実は頭頂部はげの薄毛は男性ホルモンの影響以外に、血行不良や毛細血管の機能低下が関係しています。タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用がありその作用によって末梢血管も収縮して頭皮に栄養や酸素が行き渡りづらくなるために結果的に発毛が遅れることになります

 

喫煙している人は頭頂部はげの薄毛の原因であるDHTが喫煙習慣のない人に比べて13%ほど高いという救急データも報告されていることから、頭頂部の薄毛をなくしてこれ以上進行させないようにするためにはタバコを控えるしかないといえます

 

頭頂部はげの薄毛と飲酒

頭頂部はげ 飲酒

喫煙だけに限らず飲酒も頭皮や髪の毛にとって発毛を妨げてしまう行為に当たります。

 

その理由として

 

アルコールを摂取すると体内で分解するために肝臓でたくさんの栄養素が使用されます。沢山飲めば飲むほど分解しなければならず、肝臓の本来の役割である血液の循環調整機能の働きが悪くなります

 

その為に血液の循環が悪くなり頭皮や髪の毛に行き渡らなくなるだけでなく、栄養素がアルコールの分解のために肝臓で使われてしまうことによって髪や頭皮までに回ることなく消費されてしまいます。

 

加えてアルコールは糖分なので過剰に摂取すると血液中に糖分が増えて血がドロドロになり血液循環が悪くなることでも薄毛を助長してしまうのです。つまり薄毛になりたくなければ好き勝手に摂取するのではなく喫煙・飲酒との上手な付き合い方を考えていかなければならないのです

 

 

喫煙・飲酒とハゲの良い付き合い方は?

では頭頂部の薄毛を改善するためには喫煙・飲酒とどういった付き合い方をしていけばよいのでしょうか。タバコがストレスの解消法となっている場合や、仕事の疲れを癒す自宅での晩酌は欠かせないという人もいることでしょう。

 

喫煙・飲酒はできることなら避けた方が良いとは言えますが、やめることで返ってストレスが増えると薄毛が進行してしまうこともありますので、ストレスを溜めないためにもまず量を控えるということが大切になってきます。

 

毎日2箱吸っているようなヘビースモーカーな人が、翌日から急に1本も吸わなくなるのはストレスもかかりますので、まず1日1箱に留め、お酒であればビール中瓶1本くらいでやめるようにしましょう。

 

喫煙・飲酒との上手な付き合い方をしていければ薄毛も怖くありません。自分なりに工夫しながら付き合っていくことをおすすめします

 

 

>>頭頂部はげの薄毛を育毛剤で改善 TOP